算命学

 

 

陰陽五行 算命学

陰陽論

さんめいがく
算命学

算命学の起源は、今から4千年ほど昔の古代中国。
もとは皇帝の占法として、一子相伝として伝えられ発達したもので、そのような事から高い的中率を誇り、中国占星術の最高峰と言われています。

また、算命学は、学問でもあり思想学と運勢学の二つで成り立っています。
生年月日を干支暦を元に算出したものを宿命とし、東洋思想の源流と言われる自然思想(陰陽論、五行説、十干十二支)に、人間の生き方を組み合わせ、その人の性格や資質、人間関係等、運勢を読み解いていきます。

「人間は自然の一部である」という思想、自然の法則を理解し、応用することで、人間の意思ではどうする事も出来なかった目には見えない世界が理論的に見えてくるのです。

生まれ持った宿命は、自分の意思では選ぶことも変えることも出来ないけれども、運命は、自分の意思で選んだり、変えることができるもの。
自分の宿命(与えられた自然の役割)を知り、それにあった環境や生き方をすることが、運命をスムーズに運ぶための術となるのです。

宿命=変えることのできないもの 性別・時代・親
運命=変えることのできるもの  結婚・仕事・住居など


友だち追加

☆FOLLOW US
花吉カレンLINE公式アカウントからも鑑定予約、お問合せ可能です。
友だち追加して、ぜひご利用ください。
↑バナーをクリックするとQRコードが表示されます。

友だちLINE ID検索からでも追加できます。
@hanayoshi_karen